2010年06月15日

「小沢神話」の呪縛を解け(産経新聞)

 8日午後5時から始まった菅直人首相の記者会見のテレビ中継を横目に見ながらこの原稿を書いているが、たった6日前の「鳩山由紀夫首相、退陣表明」が、夢の中の出来事のように感じられる。自民党にとっては悪夢であったろうが。

 なにしろ、6月2日と今とでは政治状況が百八十度違う。20%を切っていた政権の支持率が表紙を変えただけでV字回復し、夏の参院選での「民主惨敗、自民優勢」の下馬評も一夜にして覆った。

 鳩山氏が「抱き合い心中」の形で小沢一郎氏を幹事長辞任に追い込み、急遽(きゅうきょ)、リリーフに立った菅直人首相が、党・閣僚人事で「脱小沢」色を鮮明にしたからである。

 小沢氏の問題点は、「政治とカネ」ばかりではない。

 「国民の生活が第一」と繰り返すだけで、彼がその権力を握って何を成し遂げたいのかを説明しようとせず、ましてや憲法で日本国の象徴と規定されている天皇陛下の日程でさえ意のままに動かそうとしたことの方が問題なのだ。菅首相と仙谷由人官房長官をはじめとする新政権の主要メンバーが、選挙と権力しか眼中にないようにみえる「小沢一郎」的なるものを踏み越えようとしているのは評価していいだろう。

 だが、平成の政治史を彩ってきた「小沢神話」は本当に終わりを告げるのだろうか。

 早くも永田町内外の“小沢信者”の間では、「民主党の支持率が急上昇したのは、小沢氏が仕掛けた壮大な仕掛けのおかげだ」といった新たな「小沢神話」が語られ始めている。鳩山氏が「小沢解任」を明言した両院議員総会でのスピーチも、菅政権が「脱小沢」色を鮮明にしているのも“小沢シナリオ”に沿ったもの、というわけだ。

 残念ながら新たな神話は真実ではない。小紙の取材では、「小沢解任」は鳩山氏が主導しており、小沢氏は本気で田中真紀子元外相を代表選に担ぎ出そうとして失敗した。小沢氏は政局の流れを完全に読み違えたのである。

 ただし、「小沢一郎の物語」は確実に終幕が近づいてきたとはいえ、終わったわけではない。

 国会が「菅首相」を指名した4日、参院選後の復権を力強く宣言したビデオレターは、新たな物語の始まりを予感させるのに十分だった。

 「反小沢」の象徴的存在として起用された枝野幸男幹事長は就任直後の記者会見で、国会での小沢氏の証人喚問はもちろん、政治倫理審査会開催でさえ消極的姿勢をみせた。小沢氏のみならず、若手議員を中心にした150人ともいわれる小沢グループの存在を無視できないからだ。

 参院選後の党内抗争は必至だが、これはかつてわれわれが見た自民党の派閥抗争と酷似したものになる可能性が極めて強い。

 そうした不毛の争いを避け、菅政権が「小沢神話」の呪縛(じゅばく)を解くには、日本を再生に導く新たな物語を創造するしかない。

 鳩山政権の挫折によって、具体的な数値目標を盛り込んだマニフェスト(政権公約)に白い目が向けられている。しかし、非難されるべきは、マニフェストではなく、できもしない絵空事や、実現させれば国家財政を危機に陥れるような政策を選挙戦で約束した政治家や政党なのである。前者の代表は普天間問題であり、後者は、ガソリン税の暫定税率廃止や高速道路の無料化、子ども手当など枚挙にいとまがない。

 まずは、鳩山政権の失敗を素直に認め、政権が崩壊した大きな要因である普天間問題を解決に導くことが先決だ。そのためには、国会を延長して与野党が政策論議を徹底的にすべきなのである。参院選が少々遅くなってもいいではないか。(政治部長・乾正人)

【関連記事】
郵政「改悪」で国民負担年2兆円
荒井国家戦略相に「事務所費問題」本人説明せず…民主慌てて疑惑否定
新内閣が本格始動 早くも“菅流”?取材は受けず
蓮舫行政刷新相 「キツい女」…重責に緊張
菅大臣神社、参拝“支持率”急増!首相自らもお参り
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

容疑の運転手を立ち会わせ実況見分 大阪の引きずり死(産経新聞)
1年で5000万円を稼いだ「遺言ビジネス」の真髄とは?(Business Media 誠)
「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
<菅内閣発足>「最小不幸社会つくる」強い経済に意欲(毎日新聞)
都城でも口蹄疫の疑い…畜産王国にショック(読売新聞)
posted by サガ サトシ at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。